スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
やさしさはまばたきのように


またずいぶんとほったらかしてしまってる・・・。

このブログを立ち上げた時よりは元気だろうし、楽しいこともたくさんあるから、
少しずつ眼をあけられてるんだろうと思う。

更新のない間、引っ越しをしたり(あ、でも一個前の記事は引っ越し後か)
書類審査でサックリ落とされたり、東京へ遠征しまくったり、
占いに頼らなくなったり、24歳になったり、
死ぬまで見ていたいと思えるものに出会えたり、新しい巡り合わせがあったり、
また恋がしたいなぁと思えるようになっていたり。
あぁ、ピックアップしてったら、けっこうイベント多いじゃないか。

自分と自分で向き合う時間が圧倒的に増えたのも大きい。
これって高校生とかでやっとかなきゃいけなかったんじゃないかと反省する毎日。
お風呂場でうなりっぱなし。

20歳になるまでに、早く大人になりたいと願い過ぎて、
10代でしか出来ないこと、フッ飛ばしてきちゃったなぁ。
ここ1年はそれを痛感する。
しかも中途半端に「後悔しない」って旗立てたもんだから、
なんだかもう、全部が適当にこなすだけになってしまってる。
20代前半で気付けただけでもまだマシ?

マイノリティの道を自分で選んどいて、マジョリティに対しての反発がとても強い。
それは活かしていけることだろうか。

収拾つかなくなりそうだから今日はこのへんで。

T - -
邂逅

夕日の虹を見た

朝日のすきまに抱きしめた

つぐむひとみへなにをおもえただろう


そらの青を見た

うみの風がすり抜けた

やくそくさえはたせないおさなさ


また違うそらを見てほしい

別の朝日を迎えるといい

それらはすべて やさしいいろであればいい


あの日に迎えたすべてへ

また笑えるときを想おう


F - -
ターニングライト



弔い 灰 想い残しのような 朝焼け

もうなにも どこにも すくいあげるちからはなく

乞うような破片も 置き去る

このまま やさしさは そのまま

届くといい いつか どこかで

きずつきながら きづいて

あなたに あのひとや あのこにも

射す光が ありますように

F - -
<< | 3/9 | >>