スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
スプリング、ハズ、

『3月のライオン』7巻読了。

この作品は、読むたびに、まぶしすぎて、かなしみとか虚無でいっぱいになる。

ひなちゃんの意思はあまりに力強く、
儚いながらも神聖な光であって、その真っ白な想いが、
わたしには美しすぎて、こわい。
ただ、こわい。

高城さんのことを、誰もが憎いと思うだろうけど、許せないだろうけど、
じゃあ、
「あなたは高城さんのようなことをしない、って、誓える?」
どんなことがあっても、高城さんみたいな卑劣なこと、しないって、言い切れる?

わたしにはそれが出来なくて、そんな自分の幼いこころに怯える。

ひなちゃんのような子に、なりたくて、羨ましくて、
でも、高城さんがするようなこと、してしまうかもしれなくて、
だからとても、つらい。
この作品は、正しいことも、醜いことも、
あまりに真っ当なことをありのままに描ききっていて、
美しすぎて、こわい。

みんな、この作品で、泣くんだってね。
どこで泣くの?共感なの?同調なの?救い?救いなの?
わたしには拾えてないから、誰か教えて?

そんな思いながら、でも、ちゃんと向き合ってみたくて、
刊行されている全巻揃えてみたけれど、
まだまだまだ、対峙せねばならんようです。

T - -
ノーマル

なにか記したいと思うのに、いざ書こうと思ったら、
なにをどういうふうに文章にすればいいかわからない。

同じ立場になってやっと解ることがある。
あのとき、こんな気持ちだったんだろうか。
…後悔ばかりだ。

そしてまた、きっと今だって知らないうちに、
誰かを傷つけているはずで、
そりゃ、人との繋がりを続けられないわけだ、なんて、嗤う。


みんなどうやってるんだろう。
ひとと、どうやって付き合ってるんだろう。
難しく考えることじゃない、
って言う人もいるだろうけど、
なにも考えないで生きてきた結果が、これなんだ。

親や、環境を、何万回恨んでも、
それだけじゃどうにもならないことを知ってる。体感している。
最終的に自分から動かなきゃいけないことも、解ってる。
だけど、だけどだけどだけど。


もがいて、ちゃんと光が見えればいいなぁって、
それを、信じるだけ。

T - -
ストライプ

閃光 逡巡 ドローイング

明滅 融解 ファンタジア

あのひとのとなり

レインボウ

たちまち 凪の時
- - -
| 1/9 | >>